出荷への道 ~君だけにトライ!!~
ダイエットに取り組むブログ。しかし、いまや出荷寸前。

Copyright © 2006 出荷への道 ~君だけにトライ!!~, All rights reserved.

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

自分という境界

学問・ことば ] 2006/07/31(月)
池谷裕二「進化しすぎた脳」を読んだ。
ikeya.jpg
脳科学についての講義が、高校生と意見を交わしながら進んでいく内容。読みやすかった。わくわくしっぱなしだった。

おもしろいと思った話を1つ。
「心がなくなる条件、自分という意識がなくなる条件って何だろう?」という話。

 誰かの心臓を移植されたら?
 他の人の脳と自分の脳を入れ替えたら?
 脳の一部を入れ替えたら?

こういうことを考えると、自分という意識を感じるのは、脳の一部だろう。と思う。
本の中でも、前頭葉がキーポイントであるだろうけど、まだまだ未解決の問題として取り上げられていた。
哲学的だけど、ちょっと危ない香りのする話題でした。


ブログ開始時からの体重増減量:+4.0kg
スポンサーサイト


反射的な一善

学問・ことば ] 2006/07/26(水)
suicaを使って、駅の改札に入った。
ふと見ると、切符出口には、一枚の切符が残っていた。

反射的に切符を取る。
急いで紺のスーツを着た男性に駆け寄る。
「切符お忘れじゃないですか?」

すると、その男性はびっくりした顔でポケットを確認しながら、
「え!?あ!ああ!!ありがとうございます!」
と言った。



何より驚いたのは、自分が前の人が紺のスーツの男性だ&切符を使って改札に入ったと記憶できていたこと。
自分の前に改札を通った人なんてまったく気にしてなかったのに。でも意識しないながら見ていたんだろうな。人の知覚・記憶・判断の多くが無意識に働くという意見に納得(フロイトの話じゃあないよ)。

さらに驚いたのは、積極的かつ自然に動けた自分。
後から考えると、人違いになったらマジで恥ずかしいだろうに…よくチャレンジできたな。


意識して善いことができたらステキ。そして、それを意識することなく自然にできるようになれたら、さらにステキだ。


ブログ開始時からの体重増減量:+3.5kg


自分のやり方で

雑感 ] 2006/07/19(水)
7/17にバレーした後、中華料理屋で昼食。
その後、喫茶店で別の友達も合流して2時間トーキング。

50%が下ネタや女性の話。
40%が「お前今なにやってんの?」っていう話。
残りの10%が、食べたり飲んだり沈黙したり。

みんなそれぞれのやりかたで、世の中をおもしろくしているなと思った。おもしろくしてる本人にしてみたら、「自分がやりたいから」、「金稼ぎたいから」やってるだけなのかもしれないけどね。

メディア業界で仕事をしてる人。
音楽関係の会社員になろうとしてる人。
教員として人を育てる人。
大手企業で愚痴をこぼしながら働く人。
化学系の研究所で慣れない研究をする人。
フリーター。
ニート。

だいたいの人が、大きな成功を手にしているわけではなく、今の自分には満足していないと思う。将来的には、多かれ少なかれ変わっていくんだろう。

1ヶ月前くらいに、ある先輩から「多少つまらないことでも、『自分が関わることによっておもしろくしてやるぜ』っていう気持ちを持つか持たないかで、雲泥の差がでるよな。」っていう話を聞いた。確かに。
人生の基本中の基本。忘れがちだけど大切なことだよな。

大学の教員を目指すなら、おそらく今後5年は安定しない。途中で挫折する可能性が大だし。今からでも会社員や公務員を目指したほうがマシ。

でも、自分のやり方で世の中をおもしろくしたい。
それを忘れず生きていたい。そう思った。

今日は今までになく暑苦しい文章でした。


ブログ開始時からの体重増減量:+4.0kg


筋肉の筋肉痛が痛い

ダイエット・運動 ] 2006/07/18(火)
2003年3月以来、バレーボールをプレイすることにはまっている。

レシーブするときにかかとを上げてボールを待つようにしている。
こうすると、体力のロスが激しくなるけど、ボールに対していい反応ができる。
いいレシーブやカバーは、アタック以上に気持ちいいぜ。

おかげで今日は腓腹筋(ひふくきん)が痛い。ふくらはぎ下部ね。
fukurrahagi.jpg
(参考ページ:筋肉図鑑

ブログ開始時からの体重増減量:+3.5kg


おまけ

学問・ことば ] 2006/07/12(水)
論文を読んで、せっせとレジュメを作成している。
珍しく、楽しい。
なにごとも、楽しいときに集中してやっちゃおうぜ。

疲れたときは、わんこそば大会でもらった景品に癒される。
omake.jpg


ブログ開始時からの体重増減量:+3.5kg


電車おじさん

雑感 ] 2006/07/08(土)
電車のシルバーシートに座っているおじさん。
平井堅の「歌バカ」の歌詞カードを真剣に読んでいた。
音楽を聴きながら、首を縦横無尽に振っていた。

彼のあまりの一生懸命さに、応援したくなった。


中田英寿引退

映画・テレビ・観戦 ] 2006/07/03(月)
中田ヒデが現役引退を発表した。 ⇒ nakata.net
全力を出しながらも、結果を出せずに終わった無念のW杯。

彼は、日本のサッカーのために咆え続けた。
でも、周りはそれを受け入れなかった。
ヒデを受け止め、サポートしてやれる選手はいなかったのか?

wphide.jpg

ただ、中田自身にも悪いところはある。彼は周りを突き放すような強い発言ばかりを繰り返した。周囲がそれを受け入れにくく感じるのもわかる。

三浦カズがヒデとの対談で言った「ヒデがみんなの中に入っていかないとだめだよ。」という発言は、的を得ていると思う。


コミュニケーションは一方通行ではない。双方向だ。
だから、もし中田が本当のリーダーならば、聞く側に受け入れられ、結果につながるような言い方をするべきだったと思う。
ヒデもそれを認めている記述をしている。
「メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった」と。



彼の今後の人生のためにも、結果を出させるための話術を身につけてほしい。
社会心理学でいうところの、「説得」や「態度変容」でもいいし、実践の中で身につけるのでもいいから。

中田批判論になってしまった…。
だけど、少なくとも日本のサッカーのためには、そうするべきだったと思ってしまう。

もし気が変わって指導者になりたくなったら、全力で応援したいな。


ブログ開始時からの体重増減量:+4.0kg
続きを読む

 

管理者ページ + RSS + Powered By FC2 + Designed By ASIA SEASON

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。